正月飾り・しめ縄販売|有限会社 大清商店

正月飾り・しめ縄販売の大清商店へのお電話は0258323381へ

年末年始休業日は「12月29日~1月5日」となりまして出荷ができかねますのでご了承くださいませ。
また、新潟県外への出荷につきましては年内到着までの納期を考慮し、12月25日までのご注文とさせて頂きます。
12月20日以後の注文は商品代引の支払いのみとさせていただきます。1月10日より銀行振込のお支払いもご利用いだたけます。
ご理解の程よろしくお願い致します。

しめ縄の基礎知識

お正月飾りは、松の内の7日又は15日の小正月まで飾り、「さいの神」や神社で燃やすのが習慣です。

神棚の基礎知識

神棚は一家の中心となる神聖な所です。
清浄で静かな高い所に設けて下さい。
そして家庭にとって親しみやすく、明るいところが適切です。

神棚飾りは、1年飾った後、新年を迎える前に新しいものと取り替えます。(写真は新潟県 中越地区の飾り方です。)

※地方により飾り方が異なりますので、ご注意ください。

神棚の向き
南向き、または東向きがよい。
神棚中央にお宮形を納め、正面にお鏡、左右に榊と燈明具を置き、前面にしめ縄をかけます。
しめ縄
神聖を保つしるし。
太い方(ワラの綯い始め)を向かって右に、細い方(綯い終わり)を左にします。そして白い御幣をつけてかけましょう。
しめ飾り
紅白の御幣のついているしめ飾りは玄関等につけます。
栄える木の意味
浄明のしるしで、神明の照艦とけがれのない誠心をあらわします。
お燈明
清浄の火を以て照らし清めるという意味をもちます。
お供物
米、酒、塩、水、その他季節ごとの美味なものをお供えし、感謝を込めてから頂きます。
神拝方法
二拝二拍手一拝
二度おじぎをし、二つ手を打ち、もう一度おじぎをします。